大阪総合カイロプラクティック学校豆知識

隠れ猫背とは・・・

正しい姿勢は、横から見た時に背骨が緩やかにS字カーブを描いている状態です。

しかし猫背になるとS字カーブはなくなり、背中が丸く曲がってしまいます。肩が前になり顎が突き出るという特徴があり、見た目にも分かりやすいです。

しかし、一見して猫背と分からない猫背もあります。それが「隠れ猫背」です。

こちらでは隠れ猫背の特徴や問題点、自分でできるチェック法などについてご紹介しています。


・分かりにくい隠れ猫背

猫背にもいくつかの種類があり、一見して外から猫背と分かりにくい種類のものを総称して「隠れ猫背」といいます。背中が丸まっているのに、胸を反らす事で外から見ても猫背と感じさせません。

しかし正しい姿勢とは言えないため、骨盤が前に突き出たり、首が前に出ていたりします。筋肉も正しく使えていないため、ボディラインの崩れや膝、腰に負担をかけることになります。


・隠れ猫背は発見が遅れる

隠れ猫背は自覚症状がないだけではなく、周囲の人も気が付きにくいという点が問題です。通常の猫背なら、周囲が注意を促したりして気がつくことができますが、隠れ猫背ではそれができません。

整体やカイロプラクティックへ行ったら隠れ猫背だった、という方がとても多いです。早期発見が難しいので、長い間体に負担をかけ続けてしまいます。


・猫背のチェック方法

おすすめの隠れ猫背のチェック方法をご紹介します。

まず、壁に背を向けて、30センチ離れた場所に立ちます。次に、そのままの姿勢を維持したまま壁にくっつくまで後ろに下がりましょう。同時についた人は正常な姿勢と言えます。しかし、お尻や背中、どちらかが先についた人は猫背です。背中が先につく場合は通常の猫背、お尻が先につく場合は隠れ猫背です。

また、壁と腰の隙間が開きすぎている場合にも隠れ猫背である可能性が高いです。背中が沿った姿は見た目が良いかもしれませんが、体に負担をかけています。セルフチェックを行い、隠れ猫背を早めに発見しましょう。


カイロプラクティックに行って相談することで、カイロプラクターが猫背の悩みに取り組んでくれますが、そんなカイロプラクターに憧れている方はいらっしゃいませんか。

当学校は、実績が豊富な講師陣によるカイロプラクティックの技術が格安料金で身につけられる学校です。学校を卒業した多くの生徒たちは、独立開業をして全国各地で活躍しております。納得するまで授業が受けられるシステムは評判があり、大阪だけではなく、京都や兵庫など他都道府県からも通ってくる生徒がいる程人気があります。

カイロプラクティックを学びたい方はぜひお気軽にお問合せください。

豆知識一覧

オススメメニュー